独り身の僕は風俗しかないんです。培った風俗のノウハウを体験談を交えてご紹介します。

人気に納得した風俗嬢

風俗雑誌だとか口コミサイトを見てもかなり人気の風俗嬢がいたんですよ!それだけ人気があるなら是非相手をしてもらいたいって思ったので、それで彼女にって思ったんですけど、やっぱり人気があるってのはそれなりの理由があるんだなって事に気付きましたね。スタイルは普通に良いかなってくらいでしたけど、笑顔がとっても可愛いし、それにこちらのためにいろいろとしてくれる奉仕精神というかプロ意識。これがとっても高い子だなって思ったんですよ。変な話、プレイに入っちゃったらルックスとかスタイルとかそこまでこっちも見ないっていうか、おっぱいくらいは気になりますけどそれ以外はあまり感じないですからね。それを思ったら、ああやって男のためにいろいろとしてくれる事こそが風俗嬢としてもっとも大切な事なんじゃないかなって思うようになりましたね。それに、あそこまでしてもらったからこそこっちも気持ちよいし嬉しいしって思えているんだと思いますよ!

風俗でおもてなしって感じです

おもてなしってのは日本独特の文化だと思うんですけど、これって風俗にもあるんじゃないかなって思うんですよ。自分がよく行くソープではまさにおもてなしというか、お客をしっかりともてなしてくれるんです。そのお店の特定の子だけではなくて、誰もがこちらのためにしっかりとおもてなしの精神で接してくれるのできっとお店としての方針なんでしょうね。だから自分は最近では風俗と言うとそのソープにしか行かないですね。それにおもてなししてくれるってだけじゃないんです。レベルの高い子が誠意を持ってこちらに接してくれるのがたまらないんですよね。むしろそれが自分自身一番気に入っている部分でもあるんですよ。風俗って気持ち良ければ良いって思っている人もいるかもしれないですけど、一度こういった形でしっかりとおもてなしをしてもらうと、気持ち良さだけでは満足する事が出来なくなっちゃうんじゃないかなって思いますよ(笑)自分はそれが好きでそのソープに行きますし。

風俗は男のロマンという言葉に納得

「風俗は男のロマン」っていう人、結構いると思うんですけど、自分も風俗に通うようになってその言葉の意味が分かってきたような気がします。男にとっての理想の世界がそこにあるんですよね。妄想の中ではいろいろと好きな事が出来るじゃないですか。でもそれを現実でって思ったら難しいというか、そもそもシチュエーション的に不可能だろうって事もあると思うんです。でも風俗であれば女の子がそれを叶えてくれますからね。だから男のロマンだなと。自分の場合デリヘルのお世話になる事が多いんですけど、自分の力では高嶺の花というか、到底相手をしてもらう事は出来ないであろう女の子とイチャついて恋人気分を味わう事が出来るのって、実際問題かなり素晴らしい事なんじゃないかなって思うんですよね。だから自分もいろいろなシチュエーションを楽しむというか、本来であれば出来ないような事を楽しめる場所って事で有意義に活用させてもらっていますけどね。

風俗に行く喜びを噛み締めている

怪我をしてしまったんですけど、場所が場所というか、足の付け根らへんを骨折してしまったんです。歩くのもちょっと違和感があるんですけど、何よりオナニーさえ出来ませんでした(苦笑)オナニーするとそこでどうしても振動が自分のアソコに伝わってしまいますからね。だから風俗なんて論外だったんですけど、ようやく完治したのですぐに風俗に行ってきました!かなり溜まっていたのでそれを自慰で発散してしまうのは勿体ないなって思ったんですよ。ヘルスに行ってきたんですけど、ヘルスそのものもとっても素晴らしかったんですが、何より風俗に行ける喜びみたいなものを噛み締めましたよね。怪我をしている時、それまで当たり前だった事が当たり前ではなくなってしまったんです。いろいろと大変だなとは思いましたけど、怪我も完治しましたし、男としての悦びをしっかりと感じる事が出来るようになったのが何よりも嬉しいですし、これからもっともっとお世話になります!